本文へ移動

職員の声

中途採用職員

入居者様の状態に合わせた姿勢でお話を聞くようにしています。体調にも気を配りながら会話をします。
遠州の園 ユニットリーダー 原 学志(入職6年) 
 私は以前、介護とは全く違う仕事をしていました。その当時は、介護の仕事に就くことは想像もしていませんでした。

 転職のきっかけはやりがいや将来的に必要とされる仕事をと考えたことがきっかけでした。

 「介護の仕事をしています。」と話すと大体の人が「大変だね。」と言います。実際に楽だと思ったことはありませんが、楽な仕事なんてないと思います。介護の仕事をしていて一番嬉しいことはご入居者様から感謝されることだと思います。ご入居者様から「ありがとう。」と言われると、とても嬉しい気持ちになります。

 いろいろなことで悩んだり、気分が落ち込んでいる時にご入居者様からの一言で元気をいただくことがあります。

 毎日の業務は大変だと感じることもありますが、お一人お一人の生活を支えているという使命感、やりがいをとても感じられる仕事だと思います。

 これから、もっとたくさん介護について学び、人生の先輩であるご入居者様に信頼され、寄り添う介護ができるように頑張りたいと思います。

 

 
 
 
入居者様の食事のお手伝いをさせていただきます。いつも笑顔を心掛けています。
遠州の園 フロアリーダー 山内淳子(入職7年) 
 福祉の仕事に以前から興味がありましたが、経験は全くありませんでした。祖父が老人福祉施設に入り介護の仕事を知りました。祖父にどう接したらよいのか、何をしてあげたらいいのか、わかりませんでした。それがきっかけで、実際の現場で働いて、しっかりと学んでみたいと思いました。
 入社して6年になりますが、周りのスタッフに助けられ、多くの事を教えてもらい、現在はフロアリーダーとして勤務しています。スタッフと共に質の高いサービスを提供し、利用者様一人一人が安心して生活できるユニットを目指しています。
『笑顔であいさつすれば相手も必ず笑顔で返してくれる』を心に一日をスタートします。
 さあ、笑顔のあいさつで一日の始まりです。
 
 
 

平成29年度新入職員

看護師から入居者様の身体状態の申し送りを受けています。重要な業務の一つです。
遠州の園 介護職 福島友樹(29年度新卒) 
 幼い頃からお年寄りと関わる機会があったので、将来はお年寄りを介護する仕事につきたいと福祉の仕事を志しました。求職活動時、自分の特徴を活かせる職場があるのか不安でしたが、高校三年生の時の実習先で職員とコミュニケーションが取りやすく、職場のチームプレーが良かったので自分もその一人として働きたいと思い遠州の園を選びました。
 実際に仕事につくと、入居者様一人一人に対して適切な介護を行うことはとても難しいことだと痛感しました。介助を拒否された時はどうしてなのかを考え、次は受け入れてもらえるにはどうしたらよいのかを考えます。自分が介助される側の気持ちになることが一番大切なことだと思います。
 初めはどのように介助すればいいのかわからないですが、周りの先輩職員に適切なアドバイスをもらえるので自信がついてきます。
 介護の勉強をして、さらなるステップアップをはかり資格が取れるように頑張りたいです。
 
 
入浴時の着脱介助は入居者様に負担を掛けないように優しく丁寧に行います。
第二遠州の園 介護職 勝田琴巳(平成29年度新卒) 
 中学生の時、初めて老人ホームに行き、お年寄りと接したことがきっかけで福祉の仕事につきたいと思いました。高校の時に、介護福祉士の資格を取得しました。
実際に社会に出て現場で働くようになって、自分が思うように動けなく、何をしたら良いのか分からない日が続きました。その時、周りの先輩職員や入居者様が声をかけてきてくれました。自然と笑顔で話すことができました。困ったことがあったら、何でも優しく丁寧に指導してくれるので安心して仕事につくことができます。私ができないところは、一緒にやってくれるなど、手をさしのべてくれるので、良い職場だと思います。
 職員と入居者様が毎日楽しく、いつも笑顔で過ごすことができます。とてもやりがいのある仕事です。
 将来はケアマネジャーの資格を取得し、福祉の仕事を続けていきたいと思います。
 
 
 
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0538-38-2145
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
●社会福祉法人遠江厚生園
〒438-0002
静岡県磐田市大久保522-1
TEL.0538-38-2145

◆介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム
◆短期入所生活介護事業(介護予防)/ショートステイ
◆訪問介護事業 /ホームヘルプサービス
◆通所介護事業/デイサービス
◆総合事業/訪問型サービスA・通所型サービスA
◆居宅介護支援事業
地域包括支援センター
◆養護老人ホーム
TOPへ戻る