本文へ移動

第二遠州の園

第二遠州の園☆日常の様子

施設長から

施設長 伊藤 研

 日頃より当施設の運営にあたり、ご理解、ご協力を賜りありがとうございます。

 当園の入居者様の年齢構成は80歳以上の方が80%前後で、70歳代の方を探すのがたいへんなくらい高齢です。また、70%が女性の構成です。

 50年ほど前、私が子供の頃のおばあちゃん、おじいちゃんのイメージは60歳代で杖をついて腰が曲がっているという偏見を持って生きてきました。自分がその年齢に近づくと勝手なもので、自分だけはまだまだ若いつもりでいます。

 厚生労働省は、人生100年時代を見据え、誰もが活躍でき、多様な働き方を選択できる社会の実現に向けて、働き方改革、男女共同参画、デジタル化を行おうとしています。少なくとも70歳までは社会に出て働き、肉体的にも、精神的にもまだまだ老けるには早いと思ったほうがよさそうです。健康長寿で長く楽しく暮らすには、よく体を動かし、食生活に注意し、常に社会と繋がっていて、自分が社会に必要とされる人間であると感じることが重要です。

 昨年は、感染症が蔓延していて、外出して色々な人と接触、色々なことを経験することがむずかしい状況でしたが、いずれは感染症を抑えて共存する時がきますので、自分の身体と精神をケアし続けることが大切です。

 施設にいても、在宅で暮していても、ケアすることは同じですが、施設にはそれぞれの専門職がいてサポートします。健康の源である食事と口腔まわりのケアは、特に重要です。バランスのとれた栄養を摂ることと、歯と口の中の清潔維持は、管理栄養士と歯科衛生士が専門で担当します。口腔ケアにおいて、顎、口、顔のマッサージは上唇、下唇、頬の運動に関係し、唾液腺を刺激して、「食べる」「話す」という口の機能に深くかかわるということです。女性が毎日化粧をし、スキンケアを行い、人に見てもらう装いをすることは、案外女性の長生きの秘訣かもしれません。このように口の周りと口の中に気を配ることは、健康寿命を長くする秘訣です。

 当園において、今年も、栄養管理と、口腔ケアを積極的に推進して健康で楽しく生活ができるようお手伝いをさせていただきますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

            第二遠州の園 施設長 伊藤 研

職員研修会

事故委員会施設内勉強会

令和3年3月24日(水)事故委員会主催の施設内勉強会を行いました。職員で理学療法士の資格を持つ内藤知也さんを講師として、スライドを使って講義を受けました。  今回のテーマは移乗で、これは生活していく上で頻繁に行われる動作です。移乗とはベッドから車いす、車いすから便座などに乗り移ることです。そのため介助する側、される側に負担やストレスが無いように行なうことや相手のできること、できないことを見きわめて考えて、自分に合ったやり方で介助していくことが大切なのだということを学びました。  実際の手順やポイントなどの具体的な説明が大変参考になりました。普段のやり方を見直す良いきっかけとなりました。  

防災委員会にて防災研修

竹を使って担架を作ってみました。
令和3年2月3日 防災委員会にて
篠田さん(元磐田市消防職員)に講師を依頼し防災訓練を
行いました。身近にあるものを利用して、
災害時に活用できるものは?
今回は、竹を利用して担架の作り方や運び方を教えて頂きました。
毛布を使用し竹に毛布の巻き方や強度を保つ方法や
竹に巻く時に10cmの幅をとる事などがポイント  
防災委員がそれぞれ毛布を巻き、実際に担架に乗ってみました。
かなり強度がある事がわかりました。
毛布がない時は、ユニホームを使用した方法も
教えて頂きました。
担架を運ぶ時、階段を上る時は頭側から、降りる時は足側からと
とても勉強になりました。  

身体拘束施設内勉強会

身体拘束について改めて考えてみました。
令和3年1月27日(水)身体拘束委員会主催の施設内勉強会を行いました。コロナ禍でもある為、鳥海房枝先生の「鳥海先生の新・はじめの一歩」身体拘束ゼロの真の意味というビデオを、スライドに映し、勉強をさせて頂きました。
「今日がいい日である。明日が来たらまた今日が一番いい日である」という穏やかな毎日をいい顔で送っていただき、いい涙を流してお別れをする。その為に、私たちは今日何をすべきなのか?身体拘束ゼロの真の意味を改めて考えさせられました。
日頃の取り組みを見直す機会を得た気がします。
不適切ケアを見直すことで、身体拘束を防ぐことが出来るということを学びました。  

感染委員会施設内勉強会

新型コロナウイルス感染予防について学びました。
令和2年12月23日(水)感染委員会主催で新型コロナ感染ウイルス予防の研修に参加した職員を講師として、研修報告と予防着の着脱方法を実践しました。その後、勉強会に参加した職員も予防着の着脱をしてみましたが、やってみてわかることもあり、改めてこういう時はどうすればいいのか?など出てきた疑問に看護師や研修参加の職員が説明をしました。一番大切なことは、手洗い、うがい、マスクの着用。そして外部からウイルスを持ち込まないことだと学びました。 

生活委員会施設内勉強会

オムツ内環境について考えてみました。
令和2年11月25日(水) 白十字販売株式会社の五十嵐さん
大河原さんをお招きし、ソーシャルディスタンスを保ちながら、オムツ内環境改善についてお話を伺いました。
全身の皮膚の観察が重要であるということを教えて頂きました。オムツ内環境は高温、多湿になりやすい。皮膚の浸軟は皮膚のバリア機能を著しく損なう。尿、便により、皮膚に対して過度の湿潤状況と科学的刺激を受けやすい。漏れが心配で、パットを重ねてしまうことが、お肌を傷つけてしまう原因になる。オムツ内環境を整えるには、アルカリ性による皮膚刺激を軽減し、『弱酸性』にと持つことが大切と教えて頂きました。
それには、オムツ、パットなど弱酸性素材のものを使用し、清拭、陰部洗浄など、少なくとも1日1回と排便があった時は、必ず行い、オムツ内環境を整えていくのがいいそうです。口を広げてにっこりした顔

防災委員会施設内勉強会

AEDの取り扱いについて
10月28日(水)磐田市消防竜洋分遣所の職員の方、3名を講師
としてお招きし、AEDの取り扱い方について、教えて頂きました。一人ずつ交代で、「大丈夫ですか?」との声掛けから始まり、大声で「救急車を呼んで下さい。AEDを持ってきて下さい。」その間に、普段通りの呼吸がなければ、直ちに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始。強く、早く、絶え間なく‼
AEDが到着し、電源を入れ電極パットを装着し、音声ガイドに
したがって行う。「みんな、離れて」と大きな声で!
電気ショック後、直ちに胸骨圧迫を再開する。と教えて頂きました。救急車
 
●社会福祉法人遠江厚生園
〒438-0002
静岡県磐田市大久保522-1
TEL.0538-38-2145

◆介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム
◆短期入所生活介護事業(介護予防)/ショートステイ
◆訪問介護事業 /ホームヘルプサービス
◆通所介護事業/デイサービス
◆総合事業/訪問型サービス・通所型サービス
◆居宅介護支援事業
地域包括支援センター
◆養護老人ホーム
TOPへ戻る