本文へ移動

遠州の園

遠州の園からのお知らせ

施設内の様子

施設長より

“新年あけましておめでとうございます”


皆様におかれましては、穏やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は、新型コロナウイルスによって日々の生活が一変し、ご入居者の皆様には、ご家族との面会制限などさまざまな我慢をお願いしましたが、ご理解とご協力に感謝申し上げます。

明けない夜はなく、昇らない太陽はありません。1日も早く新型コロナウイルス感染症が終息し、以前のような日常が戻ることを願っています。

このような中でも、ご入居者様・ご利用者様が毎日の生活の中で一つでも多くの幸せを感じていただけますよう、今できることに引き続き取り組んでいきたいと思います。

さて、ことしの干支は「丑」です。丑年は「発展の前触れ(芽が出る)」の年になると言われており、過去の丑年では、1961年にはNHK朝の連続テレビ小説放送開始、1985年にはファミコンソフトのスーパーマリオブラザーズ発売、1997年にはハイブリット車のプリウスが発売というように新しいことが始まった年が多くあり、その後の長寿番組やヒット商品につながっています。新型コロナの影響はもう少し続くかもしれませんが、牛のように、一歩一歩地道に取り組むことで、遠州の園の更なる発展への一年にしていきたいと思います。

当園は、昨年開園40年を迎えました。これまでの歩みを土台としつつ、ご家族様はじめ、地域の皆様、ボランティアの皆様など運営を支えてくださる多くの皆様への感謝の思いを忘れることなく、次の50周年への第一歩の年として、丑年らしく粘り強く取り組んでまいりますので、引き続きご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

結びに、皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。今年もよろしくお願い申し上げます。


特別養護老人ホーム遠州の園施設長 水野義徳

遠州の園 理念

ユニットケア基本理念

その人がその人らしく幸せに暮らすために、ひとりひとりの生活を大切にします。」
 
ご自宅にいた時と同じような生活を送れるように、ユニットケアを推薦し、個人の尊厳を守るケアを心がけています。

看取りの理念

「最後の瞬間まで、惜しみなく寄り添う介護」
 
私たち職員の願いは、入居者様・ご家族様のご意向にそえるよう配慮させていただき、最後の静かな時間をご家族様・職員一同が一体となり、見送らせていただく・・・
人生の最後の貴重な時間を、共に刻ませていただけるように努力していきます。
●社会福祉法人遠江厚生園
〒438-0002
静岡県磐田市大久保522-1
TEL.0538-38-2145

◆介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム
◆短期入所生活介護事業(介護予防)/ショートステイ
◆訪問介護事業 /ホームヘルプサービス
◆通所介護事業/デイサービス
◆総合事業/訪問型サービス・通所型サービス
◆居宅介護支援事業
地域包括支援センター
◆養護老人ホーム
TOPへ戻る